法律について

法律を守ることで社会の中で正しく生きる

目立った犯罪行為を犯さずとも、人は社会のルールに違反することがあります。
人間のあらゆる活動は法律によって規定されており、何をするにもルールを守らなくてはなりません。
犯罪を犯せば警察が出てきますし、役場などの届け出にも法が適用されているわけで、コンビニで物を買う行為一つとっても法から外れることはありません。
交通ルールなどは守るべき物として知られていますが、れっきとした道路交通法なる法律によってきめられており、違反すればそれなりの罰則があります。
単なるスピード違反から重大な違反まで、細かく罰則が規定されているわけです。
民法などは人が生活していく上で大切な暮らしの中の規定であり、トラブルがあった場合に自分たちで解決できない時に適用されるケースが多いです。
これは、社会の中で確実に法が機能していることを意味し、無法地帯や無法の期間が存在しないことを意味しているわけで、それがあるからこそ社会は存続することができます。

Copyright© 法律 All Rights Reserved.

法律を守ることで社会の中で正しく生きる
法律